Flutter でデスクトップアプリ(macOS)を開発&ビルドする

Flutter

Flutter のデフォルトでは iOS/Android が有効になっていますが、ここではデスクトップアプリ(macOS)を有効化してデスクトップアプリを開発&ビルドする方法について解説します。

スポンサーリンク

Flutter のセットアップ

SDK チャンネルを変更する

Flutter のデスクトップアプリ(macOS)は現在(2020年2月時点)まだ Flutter SDK の stable チャンネルでは利用できないので、以下のコマンドで SDK チャンネルを master に変更します。

# SDKチャンネルを変更
flutter channel master

# SDKも更新しておきます
flutter upgrade

デスクトップアプリを有効にする

以下のコマンドでデスクトップアプリ(macOS)を有効にします。

# macOS デスクトップアプリを有効にする
flutter config --enable-macos-desktop

#(無効にしたい場合のコマンドはこちら)
flutter config --no-enable-macos-desktop

プロジェクトの作成

以下のコマンドで新規プロジェクトを作成すればデスクトップアプリが含まれるプロジェクトが生成されます。

flutter create myapp

デスクトップアプリが有効になっていれば、Android StudioVisual Studio Code から新規作成しても web が含まれるプロジェクトが生成されるようになります。

ちなみに、macOSからWindows、WindowsからMacOS、といった異なるプラトフォームのビルドは今のところできないので、開発環境OSのデスクトップアプリのプロジェクトだけが生成されます。


※ 既存のプロジェクトに web を追加したい場合は、プロジェクトのルートに移動してから、以下のコマンドでデスクトップアプリを追加することができます。

flutter create .

開発&デバッグ

デスクトップアプリを有効にすると、利用可能なデバイスに macOS(desktop) が追加されるので、これを使って開発&デバッグを行っていきます。

Android Studio

※ コマンドから起動する場合はこちら。

flutter run -d macos

ビルド

リリース用のアプリをビルドする場合は以下のコマンドを使います。

flutter build macos

ビルドされたアプリケーション(macOS)はプロジェクトの以下のフォルダに出力されます。

  • Build/Products/Release/[アプリ名].app

出力された [アプリ名].app を実行すればデスクトップアプリが起動します。

デスクトップアプリはまだ stable ではないので、パッケージの対応などはこれからといった感じですが、これだけ手軽に「モバイル/web/デスクトップ」のアプリを横断的にビルドできるので今後が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました